あなたが最も満足できる歯科治療を選ぶために
知っておいてほしい、自由診療と保険診療の違いと、
中崎歯科医院の治療に対してのスタンス

保険診療は、国が決めた範囲のみの治療

歯科治療には大きく分けて、健康保険を適用できる「保険診療」と、健康保険が適用されない「自由診療(自費診療)」の2種類があります。保険適用だと国が7~9割の負担をしてくれるので、治療費は安価で済みます。もちろん、自由診療は高額になります。

しかし、ここに医療の難しさがあります。保険で認めれている範囲は、日進月歩で進化している歯科医療のごくごく一部なのです。

明らかに、あなたの歯を守るためのベストな治療があったとしても、それは自由診療の範囲であることが多いのです。国の財政状況を考えても、これからもこの状況は大きくは変わることはないでしょう。

良い治療はほぼ全て保険診療・・・・

保険適用される治療範囲は、「必要最低限の治療である」と言えるでしょう。例を挙げると以下のようなことです。

  • 不快だけど、最低限噛める入れ歯
  • 見た目が悪いけど、最低限噛めるプラスチックや銀歯
  • 最低限、治さないと歯が抜けてしまう最低限の歯周病治療

ですので、最低限であれば入れ歯で代用可能なインプラントや、審美性の高いセラミック治療や、ほぼ全ての矯正治療は自由診療の範囲なのです。

自由診療はなぜ高額か?

保険診療に比べて、自由診療になると種類にもよりますが5倍~10倍以上の費用がかかります。なぜそんなに費用がかかるかというと、良い治療を行うためには、それだけ沢山のお金がかかるからです。

技工料や材料代、機材の購入費、治療を学ぶ勉強代なども含まれます。また、時間をかけざるを得ない治療も多いので、時間と手間もかかります。これを保険診療と同じ水準で提供しようとすると大赤字になってしまうのです。

自由診療なら、どこの歯医者でも同じ?

これに関しては、全く逆です。保険診療のほうが、どこの歯医者に行っても差が生まれづらいでしょう。なぜなら、使用できる材料は素材に制限がありすぎて、歯科医師の技術が大きくは反映されづらいからです(それでも、技術と知識がある歯科医師と、そうでない歯科医師では差は出ますが自由診療ほどではありません)。

逆に、自由診療は歯科医師が学び続けなくては、高い価値を提供することができません。機材や材料に投資し続けることも必要です。ですので、良い治療を受けようと思えば、真剣に学んでいる歯医者さんを選ぶ必要があります。

ある手広く頑張っている税理士さんから聞いた話ですが、どこの業界でも学び続けているのは全体の5%程度だそうです。そして、その税理士さんが知っている範囲では歯科医師も同様だそうです。これらは患者さんからは分かりにくい部分だと思いますが、今はホームページなどで判断するしかないでしょう。

保険診療の範囲は時代遅れの制度!?

国の保険で決められた治療の範囲なら、安全で確実であるという認識をお持ちの方がいらっしゃいますが、実はそうとは限りません。

例えば、銀歯(パラジウム合金)。実は銀歯は約45年以上前に当時の厚生労働省が金属の比率で合成されているのですが、生体にとって安全な比率となっていません。銀歯には、金パラという金属材料を使用されていますが、その成分は、金12%、パラジウム20%、銀50%、銅15%、他3%の銀合金でできています。

特にパラジウムと銅は、金属アレルギーを起こしやすいという特徴があります。安全性の問題から、金パラという合金はアメリカ・ヨーロッパの歯科医院では使用されていません。先進国でこの素材をを使用している国は、日本だけなのです。

さらに怖い事実があります。金合金は、金、白金、パラジウムなどの貴金属が75%以上含まれていないと科学的に安定せず、溶け出してしまうとう特徴があります。

つまり、銀歯に使われている金属は、時間が経つと口の中で溶け出してしまうのです。ある日突然詰め物が取れ、裏を見ると真っ黒だったという経験をされた方は多いと思います。

しかも、金属が錆びて溶けてしまったところは、歯と銀歯の間に隙間が生じてしまいます。ただでさえ精度が甘いにもかかわらず、溶け出してしまうことで更にむし歯になりやすくなってしまうのです。

まずは、歯を悪くしないことが大切

残念ながら歯の健康にとって、身体の健康にとってベストな治療を選ぶのであれば、自由診療しか現在のところは選択肢はありません。

しかし、もちろん経済的な事情も考えると、良い治療を受けたいけど受けられないということもあると思います。ですので、当院の考えとしてはまず「悪くならない」ということを目指して欲しいのです。

予防に通えば、歯の寿命は確実に長くなります。むし歯や歯周病も防ぐことができます。結果的に、治療をすることがなくなれば、自由診療・保険診療のどちらの治療にもお金をかけずに済むのです。

ベストな治療を一緒に選択しましょう

当院では治療方法の決める必要がある場合には、しっかりと説明を行い、相談しながら選択をしていただいています。

あなたが最適な選択ができるように、まずはご要望などをお聞かせいただきます。その上で、私たちhが歯科医療のプロの視点で、あなたの歯を、そして未来の豊かな生活を守るために、考え得るベストな治療方法を考え、お伝えします。

治療方法、費用、期間など総合的に考え、相談しながら決めていきましょう。何か不安や疑問点などがあれば、都度ご相談に乗らせていただきます。

そして、治療方法を選択していただいたら、自由診療・保険診療の枠は関係なく、全ての患者様に対して本気で治療を行うことをお約束します。素材や材料の制限は生まれることもあるでしょう。その中で、最大限あなたの歯を守るお手伝いをすることをお約束します。